×

春準Vの明豊 まさかの初戦敗退 好機であと一本が出ず… 川崎監督「点差以上の差を感じた」

[ 2021年8月17日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第4日 1回戦   明豊0-6専大松戸 ( 2021年8月16日    甲子園 )

<専大松戸・明豊>初戦敗退に号泣する明豊・京本(左から3人目)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 全国制覇の夢は初戦でついえた。今春センバツで準優勝した明豊が、専大松戸に6安打零敗。チャンスであと1本が出なかった。3回は無死一、二塁から3者連続三振。失策に乗じて攻めた5回2死満塁でも無得点に終わった。川崎絢平監督はバントで走者を送れなかった場面などを挙げて「監督の采配の差が出た。(雨による順延での)調整も含めて完敗。点差以上の差を感じた」と話した。

 投手陣は、エースの京本真(3年)が初回に暴投で先制を許すなど4回3失点。太田虎次朗(3年)ら救援した3投手も失点を重ねた。京本は「日本一を目指してきたけど、まだ甘かった。でも、成長はできた」と振り返った。

 チームは川崎監督から「最弱」と言われ続けてきたが、今春センバツで急成長した。県大会ではプレッシャーをはねのけ、聖地への切符をつかんだ。「控え選手の分まで日本一になると思ってやってきたので申し訳ない気持ちでいっぱい」と幸修也主将(3年)。日本一の夢は後輩たちに託した。

 ○…選抜準優勝の明豊が零敗で初戦敗退。選抜準V校が夏に連続出場するのは45度目だが、初戦敗退は18年智弁和歌山以来9度目。零敗は54年小倉(0―5早実)、58年中京商(0―5済々黌)以来63年ぶり3度目。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月17日のニュース