×

福島敦彦氏 攻守で試合の流れ放さなかった専大松戸 左打者抑えた深沢投手の好投が最大の勝因

[ 2021年8月17日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第4日 1回戦   専大松戸6-0明豊 ( 2021年8月16日    甲子園 )

<専大松戸・明豊>初回を投げ終え、持丸監督(左)と言葉を交わす専大松戸・深沢(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 【福島敦彦の迫球甲子園】戦力的には互角だったが、専大松戸が試合の流れを放さなかったことが力以上のスコアとなった。

 明豊は2点を追う3回無死一、二塁で京本君が送りバントを決められず最後はバスターに変更し空振り三振。一方で専大松戸は4度の送りバントを確実に決めた計4イニングすべてで得点。攻撃における「流れ」も感じさせた。

 選抜準優勝の原動力となった3投手を含め全4投手が「立ち上がり」に失点したことも明豊にとっては誤算だった。球数を気にすることなく全力投球できるメリットがある一方、力みから制球を乱すことや、その日の調子の良しあしもある。財原君以下の3人が先頭打者の出塁を許したのが象徴的だった。

 専大松戸の深沢君は上位5番までに4人が並ぶ左打者に対し16打数で単打2本、8奪三振と抑えこんだのが最大の勝因。外角主体の投球ながら、時折見せる内角球が効果的で、緩急もうまく使っていた。(報徳学園、慶大、中山製鋼元監督)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月17日のニュース