巨人・今村 2者連続被弾含む5回3失点で降板「もっと高いレベルを目指さなければ」

[ 2020年9月19日 16:54 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年9月19日    横浜 )

<D・巨>3回1死、ソト(左)に左越えソロを浴びる今村(撮影・会津 智海)海)
Photo By スポニチ

 巨人・今村信貴投手(26)が、5回3失点で降板した。3安打無四球ながら、初回に佐野に右前へ先制打を許し、3回に梶谷に真ん中に入ったスライダー、ソトに真ん中直球を捉えられ、2者連続本塁打を浴びた。

 「最低限のピッチングはできたのかもしれませんが、もっと高いレベルを目指さなければいけません。(2者連続本塁打は)自分の失投を逃してくれませんでした。同じ失敗をしないためにもブルペンから意識を変えていきたい」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース