阪神・秋山 ミスから失点…7回5安打4失点で降板

[ 2020年9月19日 16:15 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月19日    ナゴヤD )

<中・神>4回2死二、三塁、阿部に先制3点本塁打を浴びてマウンドにひざまずく秋山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神先発の秋山は6回5安打4失点で降板した。

 0―0の4回2死一塁から高橋の投手ゴロを秋山が一塁へ悪送球し2死二、三塁にピンチを広げると、6番・阿部に内角直球を左翼席に運ばれ3ランを被弾。自らのミスから失点した。7回にも1死二塁から平田の高いバウンドの打球を秋山が再び、一塁へ悪送球。二塁走者が生還して追加点を献上した。序盤3回までは危なげない投球を披露していただけに、失策からの失点は悔やまれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース