山岡の“オリックス愛” クレープ80個を「Bsガールズ」らに差し入れ

[ 2020年9月19日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス8-2西武 ( 2020年9月18日    京セラドーム )

<オ・西16>ゲームセットで今季初勝利を挙げ大下に祝諷され笑顔でベンチを出る山岡(左)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】ヒーローインタビューでも取材でも、普段、愛想の良い山岡に笑顔はなかった。開幕から78試合目での初勝利。素直に喜べない理由がある。故障離脱しチーム低迷の要因となった責任感からだった。

 ほっともっと神戸での主催試合。練習が終わると、決まってベンチ脇の客席通路からスタンドに上がり引き揚げる。行き先は入り口付近のクレープ店。女性従業員に、「80個お願いね」と自腹購入。選手やスタッフ、球団公式ユニット「Bsガールズ」に振る舞っている。

 人一倍チームに愛着があり、まとめ役となりチームを浮上に導くことがエースの役目だと自覚するからだ。試合後、山岡は「残り試合全部勝つつもりで投げる」と言った。エースの反発心が、チームの原動力になるはずだ。(オリックス担当・湯澤涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース