阪神・ガルシア 2軍降格 すべて四球絡みで3失点

[ 2020年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-4中日 ( 2020年9月18日    ナゴヤドーム )

<中・神(13)>4回2死二塁、大島に左前適時打を打たれ、ガックリのガルシア(左は平田)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神・ガルシアは7点リードを守れなかった8日のDeNA戦に続く不安定な投球で、2軍落ちが決まった。

 1、2、4回といずれも四球絡みで失点し、今季最短の3回2/3を6安打3失点で降板。矢野監督は「いったん、抹消する」と明言した。

 外国人枠の関係でガンケルがベンチ入りを外れた中での早期降板で、信頼を裏切ってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース