カブス・ダルビッシュ サイ・ヤング賞1番人気 担当記者38人が予想 2位はメッツ・デグロム

[ 2020年9月19日 02:30 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 大リーグ公式サイトが17日、担当記者38人による投票で今季のサイ・ヤング賞を予想し、ナ・リーグはカブスのダルビッシュが1位となった。2位はメッツのデグロム、3位はレッズのバウアーが入った。

 ダルビッシュは現在リーグトップタイの7勝(2敗)、同2位の防御率1・86、同4位タイの79奪三振をマーク。1位票は17人でデグロムの15人を僅差で抑え、同サイトは「カブスのエースは投票でわずかに優位に立った。力強くシーズンを終えれば3冠の可能性もある」と話した。

 アは8勝1敗のインディアンスのビーバーが満票で1位選出。被打率.167などがリーグトップのツインズの前田は4位に入り、「プレーオフを争うツ軍で最高の投手」と評価された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース