阪神ブルペン陣が奮闘 岩貞は中継ぎでは最長2回で役割全う 矢野監督「サダがいてくれるから」

[ 2020年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-4中日 ( 2020年9月18日    ナゴヤドーム )

<中・神(13)>4番手で力投する岩貞(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 先発の早期KOで手放した試合の流れを自軍に引き寄せたのは、阪神の頼れるリリーバーたちの力投だった。まずは小川が3回2/3で降板したガルシアの後を受けて登板。4回2死一、三塁もアルモンテを遊飛に仕留めた。

 3番手の馬場も先頭のビシエドに中前打を許したものの、後続を断って無失点。劣勢の展開で若き右腕2人が諦めない姿勢を投球で体現して見せた。

 打線が6回に大山のグランドスラムなどで一気に逆転。直後にバトンを受けた岩貞は2安打を浴び1点を返されたものの、7回も続投して1死一塁から阿部を遊ゴロ併殺に打ち取って追加点は阻止。中継ぎ転向後では最長の2イニングを最少失点で切り抜け、役割を全うした。

 スアレスと並んで、今月はチーム最多の8試合に登板。火消し役、複数回とブルペンでマルチな才能を発揮する左腕に矢野監督も「2イニング行ってくれたのはゲームの中で価値がある。中継ぎでサダがいてくれるから、イニングまたぎも、要所で流れを止めてくれるっていう期待値を持って送り出せる」と全幅の信頼を口にした。

 終盤も惜しみなく勝ちパターンの面々を投入した。8回を託された岩崎は下位打線を寄せ付けず3人斬り。9回は8月25日以来の4点差で登板したスアレスだ。大島を157キロの直球で空振り三振に斬ると、最後はアルモンテを遊ゴロで試合を締めくくった。

 前カードの巨人戦では登板のなかった2人。有り余った力をぶつけるような快投で、相手に付けいる隙を与えなかった。それぞれがミッションを遂行した“ブルペンの勝利”でもあった。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース