西武 攻守にミス連発で3連敗、借金5 20日にも自力優勝消滅

[ 2020年9月19日 21:10 ]

パ・リーグ   西武3―6オリックス ( 2020年9月19日    京セラD )

<オ・西>力投する西武先発・ノリン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 西武は攻守にミスが目立ち3連敗。借金5で、あす20日にも自力優勝が消滅することになった。

 先発のノリンは初回に先頭の福田に左翼線二塁打を打たれて、そこから失点。同点とした直後の6回裏には、先頭の福田から2四球。1死満塁とされた場面で降板したが、続く2番手の宮川がロドリゲスに左翼線2点二塁打を浴びるなど、この回3失点となり流れを失った。ノリンは福田の2盗塁など3盗塁も許し、セットポジションの投球に問題を残した。

 攻撃は4回1死からスパンジェンバーグが左越え三塁打も、続く山川のバウンドの高い遊ゴロで本塁を狙えず。また、7回無死一、二塁では二走の山川が、捕手・伏見からの送球で帰塁できずアウトになるなど、ちぐはぐな攻撃が目立った。

 辻監督はノリンについては「6回は福田の四球から失点。もっと大胆にいかないといけない。(セットポジションも)問題大ありだね。あんだけ走られるんだから。またやられる。修正しないと」と苦い表情。

 拙攻が続いたことには「もったいないというか、打者も対策を考えないといけない。そういうところだね」ととし、「明日は是非勝ちたい」と続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース