【ファーム情報】巨人移籍の香月 2発含む3安打4打点、オリックスはソフトBに完封勝ち

[ 2020年9月19日 19:50 ]

 プロ野球のファームは19日、イースタン、ウエスタン両リーグで5試合が行われた。

 巨人―楽天戦は延長10回、10―10で引き分け。ロッテからトレードで移籍の香月が2回に6号ソロ、7回に7号2ランと2本塁打を含め3安打4打点。先発・高橋は2回3安打4失点。楽天先発の育成選手・王彦程は5回1/3を6安打6失点(自責3)。堀内が3安打2打点、内田が3安打を放った。

 日本ハムはヤクルト戦(戸田)に5―1。先発のドラフト1位・河野(JFE西日本)が7回1安打1失点、10奪三振の好投で1勝目。万波が4回に8号ソロ、郡が8回の5号3ランなど2安打を放った。ヤクルト先発・イノーアは6回5安打2失点で2敗目(1勝)。古賀が3回に2号ソロ。

 西武はDeNA戦(カーミニークフィールド)に6―5で逆転サヨナラ勝ち。1死から愛斗のソロで同点とし、最後は牧野が右中間にサヨナラ二塁打を放った。育成選手の中熊が4回に3号2ラン。先発・国場は3回2安打1失点。DeNAは6回にロペスが1号2ラン。先発のドラフト7位・浅田(有明)は4回6安打3失点だった。

 阪神は中日戦(鳴尾浜)に6―3。ドラフト2位・井上(履正社)が3回に5号2ラン、マルテが3回の1号ソロなど2安打だった。先発・斎藤は6回6安打1失点で1勝目(2敗)。中日先発・笠原は2回1/3を4安打6失点で2敗目(1勝)を喫した。藤井、大野奨が2安打1打点。

 オリックスはソフトバンク戦(タマスタ筑後)に5―0で完封勝利。先発・竹安は5回2安打無失点で1勝目(1敗)を挙げた。打線は先発全員の12安打で宜保が2安打1打点。ソフトバンク先発・スチュワートは5回2/3を9安打4失点で4敗目(2勝)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース