エンゼルス・大谷 5戦連続でスタメン外れる 指揮官は20日のレンジャーズ戦での起用示唆

[ 2020年9月19日 02:30 ]

ダイヤモンドバックスに勝利し、チームメートを迎えるエンゼルス・大谷(中央)
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷は5試合連続でスタメンを外れ、4戦連続で出場機会なしに終わった。

 ジョー・マドン監督はダイヤモンドバックス戦の試合前、左腕が先発する18日(日本時間19日)のレンジャーズ戦まで休養を与えるとした上で「土曜日(19日=同20日レ軍戦)に良い状態でいけると思う」と右腕リンを相手に起用する方針を示唆した。

 大谷の不振をよそに、昨季デビューした投打二刀流をこなす一塁手ウォルシュが9試合連続で得点と打点をマーク。打点が公式記録となった1920年以降、新人メジャー初の快挙となった。 (アナハイム・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース