DeNA・エスコバー 満塁ピンチでパーラ併殺斬り、お立ち台で「オトコハ、ダマッテ、ナゲルダケ」

[ 2020年9月19日 17:38 ]

セ・リーグ   DeNA7―1巨人 ( 2020年9月19日    横浜 )

<D・巨>7回1死満塁、パーラを併殺に打ち取り、ガッツポーズするエスコバー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 絶体絶命のピンチでマウンドに上がったDeNA・エスコバーが見事に無失点で切り抜けた。

 2点リードの7回、2番手・国吉が1死満塁のピンチを作ったところでマウンドへ。

 左打者のパーラを2球で追い込むと、最後はスライダーで投ゴロに。膝をついて捕球したエスコバーは、そのままの姿勢で本塁へ。ボールは一塁へ転送されて「1―2―3」の併殺を完成させた。

 お立ち台に上がった助っ人左腕は「オトコハ、ダマッテ、ナゲルダケ」と決めゼリフ。「自分のできることをやろう、と。チーム全体で勝ち取った勝利だ」と話して大きな拍手を浴びていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース