秋山「1番・左翼」で3打数1安打1四球 レッズは6連勝で5割復帰

[ 2020年9月19日 11:23 ]

インターリーグ   レッズ7―1ホワイトソックス ( 2020年9月18日    シンシナティ )

ホワイトソックス戦に先発出場した秋山(AP)
Photo By AP

 レッズの秋山翔吾外野手(32)は18日(日本時間19日)、本拠で行われたホワイトソックス戦に「1番・左翼」で先発出場し、3打数1安打1四球だった。

 第1打席は二ゴロ、第2打席は遊ゴロに倒れた秋山。第3打席は4回1死二塁から、三遊間へはじき返した打球が走者に当たり守備妨害に。秋山には安打が記録された。7回の第4打席は先頭で四球を選び、3番ボットの二塁打で生還した。

 レッズは3回までに6得点を挙げ、そのまま逃げ切って7―1で快勝。連勝を6に伸ばし、勝率5割に復帰した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース