×

巨人・戸郷 死球与えた宮崎にニラまれ6失点 原監督「できたてホヤホヤの投手だけど、越えなきゃ」

[ 2020年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―6DeNA ( 2020年9月18日    横浜 )

<D・巨>2回無死一塁、死球を受け戸郷(左)をにらむ宮崎(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 乗り越えなければいけない壁。巨人・原監督の目にはそう映っていた。「できたてホヤホヤの投手だけど、相手は完全に敵と見なしながら戦っている。戸郷は上をいかないといけない。新人王というチャンスがあるわけだから、越えなきゃいけない」。5回8安打で自己ワースト6失点の戸郷への言葉だった。

 2回の死球。宮崎への148キロ直球が背中を襲った。1歩、2歩とマウンドに歩み寄った宮崎ににらみつけられた。捕手・炭谷がなだめようとする中、一塁へ歩く間も怒りの視線を向けられた。主将・坂本がマウンドに行く。しかし、動揺があったのか、犠打で1死二、三塁とされ、倉本への2球目を右前に運ばれる2点打。内角を狙った直球だが、真ん中付近に甘く入った。

 指揮官は「デッドボールが頭に浮かんだのかなという気もしないでもないね。もし、そうならばピッチャーとしてどうなのか?」と厳しく言った。

 3回はオースティンに、2ストライクの投手有利のカウントから右中間へ3ランを被弾。高卒2年目右腕は「防ぐことができればもっといい試合にできた。悔しい」と反省を口にした。8月は4戦4勝も、9月は3試合白星がない。

 チームは8月21日から23日の3連敗以来、約1カ月ぶりの2連敗。マジック35で首位を快走するが、選手には個々の戦いがある。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月19日のニュース