ソフトバンク2.5差加速!周東 プロ初4安打だ20盗塁だ!「移動試合男」3戦12の7

[ 2020年9月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9―3楽天 ( 2020年9月18日    ペイペイD )

<ソ・楽>初回無死、左中間二塁打を放つ周東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 この日、札幌から空路で福岡に移動したソフトバンクの選手たちは、試合前のフリー打撃を行わなかった。午後3時すぎにグラウンドに出て、ウオーミングアップとキャッチボール。試合直前のシートノックも行わず、コンディションを整えた。

 9月から金曜日は9週連続で移動試合が組まれる過酷な日程。そんな中、何とも頼もしい「移動試合男」が誕生した。1番に座った周東がプロ初の猛打賞となる4安打。「塁に出ることだけを考えて打席に入った。(4安打は)びっくりです」と笑った。

 この日が移動試合3週目。4日のロッテ戦は2安打2盗塁、11日の西武戦は1安打2盗塁。そして、この日は4安打2盗塁。打撃に加え、持ち味のスピードを生かし、チームの3連勝に貢献した。5回、8回に二盗を決め、2年連続の20盗塁に到達。初のタイトル獲得に意欲を見せる中、リーグトップに躍り出た。「走って成功すればチームに貢献できる」と胸を張った。

 昨年は25盗塁で失敗は5度。今季はここまで失敗は2度で、成功率は昨季の・833から・909に上がり「去年よりもいいスタートが切れる数が増えた」と自己分析する。脚力を生かすスライディングが武器だ。「足が合った方で滑る」。この試合では5回は右足から、8回は左足から滑り込んだ。中学時代から磨いてきた「二刀流スライディング」があるから、ベースまで最短で到達できる。

 12日の西武戦では2失策を犯し、試合中にベンチで悔し涙を流し「眠れなかった。凄い悔しかった」。本多内野守備走塁コーチが付きっきりとなって練習し、この日は5度の守備機会を無難にこなした。

 15安打9得点の大勝で、貯金は今季最多の17。2位・ロッテとのゲーム差を2・5に広げた。工藤監督は「彼が出るだけでバッテリーの配球も変わる。チャンスも増える。いい働きをしてくれた」と周東の活躍を称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース