阪神 秋山失策からの失点が響き敗戦

[ 2020年9月19日 16:49 ]

セ・リーグ   阪神1―4中日 ( 2020年9月19日    ナゴヤD )

<中・神>7回1死二塁、秋山の悪送球で阿部(手前)が生還し、ぼう然とする矢野監督(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神は先発の秋山は4回に自らの失策から2死二、三塁のピンチを招くと、阿部に左翼越え3ランを浴びて先制を許した。7回1死二塁でも平田の高いバウンドの打球を一塁へ悪送球して二塁走者が生還。自身初の1試合2失策が失点に絡む悔しい結果となってしまった。

 一方の打線も中日先発・福谷を攻略できず、相手のテンポのいい投球にはまってしまった。9回にはボーアの犠飛で1点を返したが、反撃はここまでだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース