巨人・高木 シート打撃登板で20球、股関節違和感でリハビリ中「早く状態上げる」

[ 2020年9月19日 15:30 ]

 股関節違和感でリハビリ中の巨人・高木京介投手(31)が19日、ジャイアンツ球場でシート打撃に登板した。戸根らを相手に20球を投げた左腕は「早く状態を上げて、チームに貢献できるように頑張ります」とコメントした。

 開幕ベンチ入りを果たし、救援陣の一角として17試合に登板。防御率3・65、0勝1敗4ホールド、1セーブの成績を残していたが、8月3日に出場選手登録を抹消されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月19日のニュース