中日・大野雄 やっと開幕!7試合目で初完投初勝利

[ 2020年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   中日5-3ヤクルト ( 2020年7月31日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ(7)>8回1死、川端の一ゴロで、一塁へベースカバーに向かう大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 心の声だった。9回2死一塁、中日・大野雄は村上が飛球を打ち上げると、右翼手・遠藤のグラブに収まる前に「よっしゃー」と叫び、左拳を握った。9回3失点。自身開幕から7試合目でつかんだ待望の今季初白星は、チームにとっても今季初の完投勝利だった。

 「ここまで勝ててなかったので、勝ててうれしい。直球の腕の振りで後半、スピードが落ちても押し込めて最後まで投げられた」

 一発を浴びても屈しなかった。初回1死から塩見に先制ソロ、4回1死一塁では村上に2ランを許し、今季10被本塁打は両リーグワースト。「いつも簡単にホームランを打たれて申し訳ない」と反省しながらも気持ちを切り替え、5回以降は二塁を踏ませなかった。

 前回7月24日の阪神戦は5回で降板。その後、チームも逆転負けし白星を逃した。後日、山井や藤井ら先輩から「お前は最後まで行かなあかん」とカツを入れられ「僕の中で火が付いた」とエースの自覚が強くなった。この日は2点リードの8回1死二塁で打席が回ると、首脳陣に「行かしてください」と完投を直訴。今季最多128球で最後までマウンドを守り切った。

 この日に出場選手登録期間が7年となり、国内フリーエージェント(FA)権取得の条件を満たした。「先のことはまだ考えていない。とにかくシーズンに集中したい」と権利行使については明言を避けたがチームにとっては不可欠な存在だ。

 「遅すぎますよね。期待されているところは貯金をつくり、毎週金曜日は計算できるというところ」。まだ、1勝3敗で自身も借金2。チームを最下位から浮上させ、ここから大車輪の活躍が求められる。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース