ダル、6回無失点7Kで今季初勝利 スライド登板も会心の2安打投球披露

[ 2020年8月1日 13:01 ]

ナ・リーグ   カブス6―3パイレーツ ( 2020年7月31日    シカゴ )

パイレーツ戦に先発したカブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が31日(日本時間8月1日)、本拠でのパイレーツ戦に先発。6回86球を投げて2安打無失点、7奪三振1四球の快投を見せ、今季初勝利を挙げた。

 30日のレッズ戦で先発予定だったが、雨天中止でスライド登板となったダルビッシュ。初回、2回と先頭打者に出塁を許したが、後続を斬って上々の立ち上がりを見せると、3回を三者凡退、4回は3者連続三振の危なげない投球を見せた。

 打線はダルビッシュの好投に応え、5回までに4点を援護。ダルビッシュは6回を三者凡退に抑え、この回限りでお役御免。カブスは9回に4番手のキンブレルが2者連続本塁打を浴びたものの6―3で逃げ切り、ダルビッシュに今季初白星が付いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース