早実の「ヨシノブ」が打線けん引でコールド8強入り 6番・中原由信が目覚めの先制適時打&ソロ

[ 2020年8月1日 17:12 ]

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京4回戦   早実7―0明大中野八王子 ( 2020年8月1日    ネッツ多摩昭島 )

<明大中野八王子・早実>6回無死、早実・中原は右越えソロを放ち笑顔を見せる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 早実が第4シードの明大中野八王子を7回コールドで破り、8強に進んだ。

 相手の142キロ右腕・江口陽太投手(3年)に3回までパーフェクトに抑えられたが、臆することなくバットを振った。

 すると4回、6番・中原由信内野手(3年)が先制の2点適時打で流れを引き寄せた。「ホームランは直球を張ってフルスイングした。自信がつく試合になった」と、マスク越しに笑顔を見せた。

 中原は6回にも公式戦初アーチとなる右越えソロを放ち、2安打3打点と暴れた。父・信博さんが大の巨人ファンで高橋由伸・巨人前監督にあやかったのが名前の由来だ。

 1メートル70、66キロで本家と同じ左打者。小柄だが、パンチ力のある打撃が持ち味だ。1回戦からここまで無安打と沈黙していたが、和泉実監督は「真面目で勉強もよくできる。つかまえれば長打が出る子だが、ちょっと緊張していたのか彼らしさが出なかった。きょうはチャンスで1本出て良かった」とキーマンの復活を喜んだ。

 2年生4番の清宮福太郎外野手は無安打に終わったが、5回に追加点を挙げる犠飛を放った。

 準々決勝は昨秋都大会覇者の国士舘と対戦する。中原は「初回からしっかりペースを握りたい」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース