明大・入江、JFE東日本戦で手応えの6回2安打

[ 2020年8月1日 13:47 ]

大学野球オープン戦   明大0―1JFE東日本 ( 2020年8月1日    明大G )

明大・入江
Photo By スポニチ

 明大のドラフト候補右腕・入江大生(4年、作新学院)が昨年の都市対抗野球覇者のJFE東日本戦に先発。2回に失策も絡んで犠飛で1点を失ったものの6イニングを投げ2安打1四球5奪三振の内容だった。

 10日には遅れて開催される春季リーグ戦の開幕カード・早大戦がある。それに向けて最後の登板となったが「普通というか、まだまだというか。ただスライダー、ツーシームも含めストレートに的を絞らせない投球はできました。ストレートで空振りも取れましたし」と手応えも口にした。

 早大・早川と同じクリーム色の夏用グラブを新調。「7月は雨ばかりで、あとは暑さに慣れて本番に臨みたいです」と梅雨明けした青空の元、汗を拭っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース