カージナルスにも2人の感染が判明 ミルウォーキーでのブルワーズ戦は延期

[ 2020年8月1日 06:22 ]

 7月31日にウイスコンシン州ミルウォーキーで行われる予定だった大リーグのブルワーズ―カージナルス戦が延期された。カ軍に新型コロナウイルスへの感染者が2人出たためで、同チームは選手とスタッフ全員がホテルで自己検疫のために待機する事態となった。

 カージナルスは28日と29日、前田健太投手(32)が所属するツインズとミネアポリスで対戦したあとにミルウォーキーに移動。30日に受けた検査でチーム内に2人の感染が判明した。

 大リーグでは20人の感染者を出したマーリンズのほか、そのマーリンズと対戦したフィリーズなどが試合を延期しており、新型コロナウイルスの影響がじりじりと広がっているところ。カージナルスが使用したツインズの本拠地球場のロッカールームは31日にインディアンズが使用することになっているが、大リーグ側は難しい対応を迫られそうだ。

 なおこれを受けて大リーグのマンフレッド・コミッショナーは「これ以上、感染拡大を制御できない場合にはシーズンを中断する」と選手会に伝えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース