広島「新3・4番」で先制 長野二塁打に誠也続いた「チャンスで上手く対応できた」

[ 2020年8月1日 14:31 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2020年8月1日    東京D )

初回2死二塁、左翼に適時二塁打を放つ鈴木誠(投手・田口)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 広島が初回、長野、鈴木誠の「新3・4番」で先制に成功した。

 2死走者なしから3番でスタメン起用された長野が、巨人先発・田口から左中間フェンス直撃の二塁打で好機を演出。続く4番・鈴木は田口の投じたスライダーを左中間へ運び、2者連続の二塁打で先制に成功した。

 ▼鈴木誠 打ったのはスライダーかな。チャンスで上手く対応することが出来ました。初回から良い先制点になりました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース