阪神・ガンケル 公式戦初甲子園で初ホールド 矢野監督「ゼロで抑えてくれたのは価値がある」

[ 2020年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-3DeNA ( 2020年7月31日    甲子園 )

<神・D(7)>8回無死一塁、ロペスを投直併殺に打ち取りこぶしを握り締めるガンケル (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神のガンケルが、公式戦では初めて甲子園のマウンドに上がった。

 同点の8回に登板。先頭佐野に左前打も、続くロペスのライナーを腕を伸ばして捕球。一塁に送球し飛びだした一塁走者・佐野もアウトにした。その後、宮崎、柴田に連打を浴びて一、二塁を背負ったが、代打大和を右飛に仕留め初ホールド。

 矢野監督は「ランナーを出しながらもゼロで抑えてくれたというのは価値があると思う」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース