ロッテ開幕投手の石川 今季7度目先発で初勝利 自身も「分からない」6回2失点

[ 2020年8月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―4楽天 ( 2020年7月31日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>益田からウイニングボールを手渡され笑顔の石川(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 右手にウイニングボール。ロッテ・石川から一瞬だけ、笑みがこぼれた。「何もいいところがない。全然よくないんで、次はしっかりと抑えられるように頑張ります」。女房役・田村とのヒーローインタビューでもネガティブコメントを並べたが、開幕投手を務め、今季7度目の先発でつかんだ初勝利がうれしくないわけない。

 毎回走者を背負いながらも6回2失点。「自分ではどうして2失点で収まったか分からない」。初回1死一、三塁で重盗を仕掛けられたが、田村と二塁手・中村奨の素早い送球で本塁アウト。2回の太田との対戦では、フルカウントから完全に抜けた直球がグリップエンドに当たり捕手のミットに収まった。バットを振らせず「空振り三振」。ただ、自慢のシンカーが不調でもカットボール、ツーシームに切り替えられる技術はさすがだ。

 趣味はサウナ。「おととい行ってきました。リフレッシュできるのはその時間だけですね」と気分転換を図った。梅雨明けは目前。チームも勝率5割に復帰。汗が噴き出す夏こそ、石川の季節となる。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース