阪神・西勇 自己ワーストタイ4被弾&3つの「今季初」で3勝目ならず

[ 2020年8月1日 20:05 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年8月1日    甲子園 )

<神・D>6回、無死、宮崎(手前)に本塁打を打たれた西勇 (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神先発・西勇が、自己ワーストタイ1試合4本塁打を浴び6回5失点で交代した。

 初回2死走者なしからソトに左越えソロアーチを被弾。4回2死では大和に内角ツーシームを左翼線に運ばれると、続く5回2死三塁では、佐野に左翼ポール直撃の2点本塁打を許した。さらに6回先頭の宮崎に左翼ソロを浴び、4本塁打で5失点を喫した。

 初回の失点、1試合複数被弾、クオリティースタート(6回以上、自責点3以内)失敗はいずれも今シーズン初めて。悔しい投球で今季3勝目を逃した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース