阪神・西勇 今季初の複数被弾 ソト、大和に

[ 2020年8月1日 19:03 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年8月1日    甲子園 )

<神・D>4回2死、大和に左越え本塁打を浴びる西勇輝 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神先発・西勇が、今季初めて1試合2本塁打を浴びた。

 0―1で迎えた4回2死走者なし。8番・大和に内角ツーシームを左翼ポール際のスタンドまで運ばれた。初回にはソトに一発を許しており、ソロ本塁打2本で2失点。1試合複数被弾は、今季7試合目の先発マウンドで初めてだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース