東京都高野連 準々決勝以降は1、2年生の保護者も人数限定で観戦許可

[ 2020年8月1日 16:39 ]

 東京都高野連は1日、東西東京独自大会の保護者の観戦について制限を緩和した。

 これまで3年生の保護者のみとしていたが準々決勝以降は1、2年部員の保護者についても一家庭2名まで観戦可能となった。

 使用球場が絞られたことで役員ら試合運営にあたる人員の確保が可能となり、消毒箇所を増設するなど新型コロナウイルス感染対策を十分にできると判断した。

 入場者は増えるため高野連は引き続き「3密」の回避に協力を呼びかけている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月1日のニュース