楽天打線沈黙…今季初の零敗 ドラ3・津留崎デビュー戦で好投が収穫

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   楽天0―4オリックス ( 2020年6月21日    京セラD )

<オ・楽>8回、交代を告げる三木監督(撮影・平嶋 理子)                                                             
Photo By スポニチ

 楽天打線が散発3安打と沈黙し、今季初の零敗を喫した。相手先発・山本に手も足も出ず、見せ場すらつくれなかった。就任後初黒星となった三木監督は「積極的にいこうとしたが、うまくいかなかった。これから対戦していく投手。次に生かさないといけない」と振り返った。

 完敗の中でも収穫はあった。5回から2番手で登板したドラフト3位右腕・津留崎が1軍デビュー。2四球を与えながらも中軸の吉田正、ジョーンズを打ち取っての1回無安打無失点に「緊張したけど、0に抑えられて良かった」と安どの表情を見せた。

 球団初となる就任1年目の開幕カード3連勝は逃したが、2勝1敗で勝ち越し「楽天生命パークで試合ができるのが楽しみ」と指揮官。23日から本拠地で日本ハムを迎え撃つ。(重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース