阪神 史上初の巨人戦開幕カード3連敗…ボーア6番降格も新打線不発

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―7巨人 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>いまだ無安打とあってベンチで厳しい表情のボーア(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は21日、巨人に1―7で完敗し2000年以来、20年ぶりとなる開幕3連敗を喫した。巨人との開幕カード3連戦全敗は史上初の屈辱。矢野燿大監督(51)は3戦目にして4番起用していた新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(32)を不調から6番に降格させるなど大幅な打順変更で得点力アップを狙ったが、不発に終わった。

 1試合の重みが例年以上に重みを増す異例のシーズン。開幕2連敗で迎え、宿敵相手に3連敗だけは阻止したい矢野監督は「4番」として期待するボーアを「6番」に降格させる決断を下すなど大きく動いたが、望んだ結果を手にすることはできなかった。

 「練習試合の後半からみんなの状態が上がってないというままね。開幕に入って変わってくれたらなというのはありながらやっていったんだけど。流れが良くなかった。それだったら、替えてみようかなというところで」

 矢野政権2年目の目玉の一つだった「2番近本」を崩して1番に入れ「昨日のまま行くよりはね。キッカケつかんでくれたらなというところで替えた」と2度の満塁機で凡退するなど2試合8打席無安打の新助っ人の6番降格を説明した。

 ただ、悪い流れの時は何をやってもうまくいかない。1点リードの4回2死一、二塁の好機で、そのボーアに打席が回り右腕・サンチェスの前に中飛。1―7の6回2死満塁で再び打席が回り、今度は前日20日に同じ2死満塁で見逃し三振に仕留められ「このままでは終われない」と雪辱を期した左腕・高木の前に2ボール2ストライクから外角へのチェンジアップを打ち損じ二ゴロに終わった。 

 開幕3試合で奪った得点は2、1、1の計4点。開幕戦で西勇が適時打を放ったが、野手陣は一人も適時打を記録しておらず「つながり」の部分を大きく欠いている。指揮官も苦しい胸中を明かす。

 「6番にJB(ボーア)を動かしたって、そこに回ってくるというのはある。誰か一人が打ったから勝つっていうモノでもないけど。まず一人一人の状態を上げていきながらということになる」

 日本一になると決め、臨んだ20年シーズンの開幕は宿敵に3連敗という史上初の屈辱を味わった。それでも、プラス思考は変わらない。「苦しいときにどうできるかを試されるところ。監督として先頭に立ってやっていきたい。これをバネにしてやるしかない」。12球団で唯一白星がなく単独最下位になったが、まだ始まったばかり。矢野監督は決して下を向かないと決めている。(山本 浩之)

 ≪425日ぶり単独最下位≫阪神は3連敗で昨年4月23日以来、425日ぶりの単独最下位となった。開幕3連敗は00年の3連敗以来20年ぶり。阪神の過去5度のセ・リーグ優勝で3連敗スタートはないが、00年以降の他球団では08年巨人が開幕5連敗、02年巨人、09年日本ハム、19年西武が開幕3連敗からリーグ優勝を果たしている。

 開幕4番のボーア(神)の打順が3試合目で6番に変更。阪神で開幕4番を任された外国人選手の打順変更では、ともに新加入の70年バレンタイン、99年ブロワーズの5試合目を抜く最短。バレンタインは4試合16打数4安打1打点のあと、6番1試合を経て4番に復帰。ブロワーズは4試合15打数3安打4打点のあと、諸事情で一時帰国。11試合欠場後、4番で戦列復帰している。ボーアはデビューから12打席安打なし。阪神外国人野手で来日から12打席以上無安打は83年バースの15打席が最多で09年メンチに並んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース