オリックス・T―岡田が躍動3安打2打点!今季初安打から激走ヘッスラで生還も

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   オリックス4―0楽天 ( 2020年6月21日    京セラD )

<オ・楽>4回2死二塁、T-岡田は右翼線に適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックス打線は、山本の力投に早い援護で応えた。初回1死満塁から中川の中犠飛で先制すると、2回にはT―岡田の2打席連続安打となる中前適時打などで2点を追加。T―岡田は4回にこの日2本目となる二塁打で4点目を叩き出すなど3安打2打点の活躍。開幕から2試合無安打だった鬱憤(うっぷん)を晴らし、中川の犠飛ではヘッドスライディングで生還するなど気迫十分に超攻撃型打線をけん引した。

 「昨日、おとといと先発が頑張ってくれたのに勝ちをつけられなかったというのは、野手の中でもあった。3試合目でちょっと遅いですけど、良かった」

 チームは開幕戦は1安打に終わり、前日は11安打を放ちながら16残塁で、ともに1点しか奪えなかった。西村監督も「昨日、相当悔しい思いをしたんじゃないですか。何回かのチャンスをものにできていないだけに、今日はしっかりやってくれましたね」と、T―岡田らの働きに満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース