北別府さん「生きています」 37日ぶり自身でブログ更新「まだ夢を見ているようです」

[ 2020年6月22日 14:25 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月に公表した成人T細胞白血病治療のため5月19日に骨髄移植を受けた北別府学さん(62)が22日、自身のブログを37日ぶりに本人が更新。現状を報告した。

 移植3日前だった5月16日に一般病棟から無菌室に引っ越したことをつづって以来となる北別府さん本人による投稿。これまでは妻・広美さんによって症状などが伝えられてきた。

 この日は「生きています」のタイトルで「病院にいること プロ野球が開幕したこと まだ夢を見ているようです」と心境を書き出した北別府さん。「皆さん本当にありがとう」と感謝し、ブログの投稿について「私はまだ指の動きが悪いので更新はリハビリにもなります」と報告した。

 現状を「今は、良くなって番組に出て皆さんにお礼が言いたい その一念で頑張っています」と記し、「5up!とフロントドアでかけてもらった言葉も忘れません。では、また」と結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース