秋田・ノースアジア大明桜の橘高 4回無失点で6球団スカウトにアピール「抑えられて自信になります」

[ 2020年6月22日 05:30 ]

練習試合   ノースアジア大明桜0-4仙台育英 ( 2020年6月21日    仙台育英グラウンド )

仙台育英との練習試合で、4回無失点と好投した明桜の橘高
Photo By スポニチ

 最速146キロ右腕であるノースアジア大明桜(秋田)の橘高康太投手(3年)は6回から登板し、4回を無安打無失点。最速141キロを計測した直球と変化球を低めに集め、視察した6球団スカウトへアピールした。

 橘高は「(仙台育英は)1番から9番まで振ってくる打線なので、ボールが浮かないよう気をつけた。抑えられて自信になります」と話した。右腕は秋田県の代替大会で結果を残し、10月26日のドラフト会議での指名を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース