阪神・糸井は好調!今季初3番で結果3安打も「勝ちにつながってない」

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―7巨人 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>8回、糸井は左前打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 今季初めて3番に入った阪神・糸井が第2戦の2安打を上回る今季初の3安打を放った。4回にサンチェスの151キロを左前打すると6回1死一塁では149キロを引っ張り右前打。8回には左腕・中川の内角攻めを逆方向に運んだ。

 「ヒットが出ているのはいいことだけど、それが勝ちにつながってない。これから球場もチームも変わるので気持ちを切り替えていく」

 低調な攻撃陣の中で好調を維持しており、23日から始まる神宮のヤクルト戦でも大暴れの期待が高まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース