楽天・涌井の移籍後初登板は24日の日本ハム戦に決定

[ 2020年6月22日 19:27 ]

リラックスした表情で調整した楽天・涌井(右端)
Photo By スポニチ

 今季から楽天に加入した涌井秀章投手(34)が、24日の日本ハム戦(楽天生命パーク)で先発することが決まった。この日本拠地で行われた先発投手練習に参加。ブルペンで24球を投げ込み、注目の移籍後初登板に備えた。

 練習試合は2試合に登板し、計7イニングを無失点に抑えた。伊藤投手チーフコーチは「先発陣の中で一番状態が良い。経験のある投手なので任せている」と太鼓判を押す。今後は試合数を重ねながら、イニングや球数を徐々に増やしていく方針だ。

 涌井のスタミナは球界トップクラスで、選手の間では「スタミナおばけ」と呼ばれるほど。完投能力も高く、同コーチは「過密日程であっても、しっかりイニングを投げてくれると期待している」と信頼を寄せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース