巨人・サンチェス 気合の丸刈りで来日初勝利 5回2/3、1失点

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―1阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>初勝利のサンチェスとグータッチをかわす原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 気合の丸刈りで来日初勝利をつかんだ。巨人の新外国人・サンチェスが5回2/3を投げ4安打1失点。初登板初先発で初勝利を挙げ「まだまだ納得できる内容ではないが、いい方向に向かっていると思う。日本での開幕、新たなスタート、新鮮な気持ちで挑んでいきたい」と話した。

 近本に先頭打者弾を許したものの、最速154キロの直球を軸に阪神打線を封じ込んだ。オープン戦では防御率10.57、練習試合再開後も2試合で10失点。それでも、宮本投手チーフコーチから「思う存分やってくれ」と送り出された。開幕直前に丸刈りにして臨み、結果を出した。

 開幕カードで外国人投手の初登板初勝利は、球団では88年のガリクソン以来32年ぶり。さらに、菅野、田口、サンチェスと開幕カードでの先発3投手白星は22年ぶりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース