広島ドラ1・森下 7回無失点で鮮烈デビュー!プロ初勝利消滅も、さすがの“即戦力”ぶり見せた

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-2DeNA ( 2020年6月21日    横浜 )

<D・広3>広島・先発の森下(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が21日、DeNA戦でプロ初登板初先発し自己最速に並ぶ154キロを計測するなど7回4安打無失点と鮮烈デビューを飾った。1点リードの9回に抑えのスコットが打たれてサヨナラ負けしプロ初勝利こそ消滅したが、次回以降の登板に楽しみを持たせる内容だった。

 デビュー戦から能力の全てを解放させた。154キロを計測した速球はうなりをあげ、決め球のカットボールは切れに切れていた。2、5回の得点圏に走者を背負った後の4つのアウトは全て空振り三振で奪うなど、隠し持っていたギアを自在に操り8奪三振。スコットが打たれプロ初登板初勝利の偉業は幻となったが、三塁ベンチ前で引き揚げる先輩らに小さな拍手を送り、感謝を伝えた。

 「緊張しました。自分が9回を投げていても、こうなっていたかもしれない。まだ始まったばかり。次もこのような投球ができるように頑張りたい」

 6回終了時点で93球。1―0の7回2死無走者で回ってきた打席で代打を送られなかったところに、佐々岡監督からの信頼が見えた。期待に応えるべく、7回1死から代打楠本を152キロの外角真っすぐで、柴田は外角カットボールで連続三振。計104球と最後の力を振り絞ってマウンドを降りると、女房役の会沢からは「少し緊張していたように見えたけど、粘り強く投げてくれた」と合格点をもらった。

 直近2試合の練習試合で6失点(7日オリックス戦)、9失点(14日ソフトバンク戦)と乱調が続いて迎えたプロ初登板。「自信を持って投げるしかないと思って投げた。球自体は最初から悪くなかった」。投球内容だけでなく度胸も満点だった。

 指揮官のプロ初登板も横浜だった。1990年4月12日の大洋戦で先発し9回2失点。完投勝利を挙げた当時の背番号18がよぎるデビュー戦に「勝たせてやれなかったのは自分の責任。ナイスピッチングだった。初めての登板でね。自信にしてくれたらいい」と惚れ直した。

 次回登板は中6日で28日の中日戦(ナゴヤドーム)が予定される。鮮烈な印象を残した初登板に自信を深め、改めてプロ初勝利をつかみに行く。(河合 洋介)

 ▼DeNA・ラミレス監督(森下について)凄く良かった。エース投手になり得るポテンシャルを持っている。昨日(20日)も救援から2点取っているので、代わればチャンスがあると感じていた。代えてくれて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース