巨人・岡本 1号逆転2ラン!「まぶしくなかったですけど…」中居君のプラカードで対応

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―1阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>4回、逆転2点本塁打を放つ岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 本来なら無数のフラッシュと歓声に包まれたはずだ。0―1の4回無死一塁。巨人・岡本がガルシアの外角高め143キロ直球を逆らわずにはじき返した。響き渡る衝撃音。無人の右中間席中段に今季1号の逆転2ランをぶちこんだ。

 「自分のスイングができた。来たボールに逆らわず、いい感覚で打てました。基本はセンター返し」。2日連続の決勝打となる豪快弾。頼もしい若き4番は2回と5回にも中前打を放ち猛打賞。開幕カードは打率・500、1本塁打、4打点と堂々たる存在感で開幕3連勝に貢献した。

 この日は父の日。「ゆるい家なので、伸び伸びさせてもらった」と両親に感謝する。毎年、記念日にプレゼントを贈る孝行息子が放った決勝弾に原監督は「あそこで逆転2ランは勢いがつきますね」。個人調整期間中にスローボール打ちなどテーマを持って練習していた姿を「取り組む姿勢が1ランク、2ランク上がった。そういうものが結果に結びついている」と称賛した。

 ヒーローインタビューには“フラッシュの点滅にご注意ください”と書かれたプラカードを持って登場した。タレントの中居正広(47)が2月の退所会見で使用したものだ。3月に日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演した際に「ホームラン打ったら、5万人のフラッシュが僕に集まるんで、ください」とおねだりしていた。無観客のため「まぶしくなかったですけど…」と苦笑い。フラッシュを全身に浴びる日がもうすぐ来ることを信じて、ど派手なアーチを描き続ける。(青森 正宣)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース