中日・梅津、7回無失点 チームは8年ぶり開幕カード勝ち越し「今年のドラゴンズは違うと見せたかった」

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3―0ヤクルト ( 2020年6月21日    神宮 )

<ヤ・中3>7回2死 雄平を二直に打ち取り3安打無失点の好投を見せ良いね!ポーズにベンチに戻る梅津(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 勝ちたい気持ちがボールに乗り移った。2年目で初の開幕ローテーション入りを果たした中日・梅津は、最速152キロの速球主体に7回3安打無失点の好投。チームに12年以来、8年ぶりの開幕カード勝ち越しを呼び込んだ。

 「先頭打者を出す回が多くて、すごく苦しかった。何とか粘ることができて良かった。野手の方に盛り上げてもらい(捕手の)木下さんにも力強いリードをしてもらい助けられました」

 2―0の3回2死満塁で青木を151キロの外角速球で遊ゴロに打ち取ると、6回1死一塁では147キロで二ゴロ併殺に仕留め「直球は低めに集めることができた」と安打製造機に仕事をさせなかったことも好投につながった。

 東洋大時代、寮の部屋に『チームが沈んでいる時、一面が暗闇に包まれた時、光を灯してそれを広げる選手』と書いた色紙を飾った。「親以外で一番の恩師。プロに入れたのも須江さんのおかげ」と尊敬してやまない宮城・秀光中時代の監督である須江航氏(現仙台育英監督)に教わったエースの条件だ。

 チームは昨季まで7年連続Bクラス。加えて、今年はコロナ禍に見舞われ、先行きが見通せない世の中になっている。次代のエース候補にできることは力の限り投げて勝利という光をもたらすことだ。

 「今年のドラゴンズは違うぞと僕も見せたいと思っていたので、勝てて良かった」

 自身の開幕戦を飾りエースの道を歩き始めた男が、常勝ドラゴンズを取り戻すべく、右腕を全力で振る。(徳原 麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース