神奈川・向上の新グラウンド竣工式 横浜スタジアムをイメージした色使い

[ 2020年6月22日 05:30 ]

「向上令和グラウンド」竣工式に臨んだ(右から)平田監督、直理校長、坂本部長
Photo By スポニチ

 向上(神奈川)は21日、伊勢原市内で同校の新グラウンド「向上令和グラウンド」の竣(しゅん)工式を行った。人工芝の模様や青色のベンチはDeNAの本拠・横浜スタジアムに似ている。「この色使い、ハマスタのイメージをできる限り意識して学校に要望しました」と平田隆康監督は感謝した。

 例年、夏の神奈川大会でも使われるだけに、新グラウンドでの練習は大きな意味を持つ。14年夏の神奈川大会準優勝校は23日から個人練習ながら3カ月ぶりに活動を再開する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース