広島・スコット“炎上”4連打で1死も奪えずサヨナラ負け 佐々岡監督は信頼も、昨季の課題チラリ

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-2DeNA ( 2020年6月21日    横浜 )

<D・広3>9回無死満塁、宮崎にサヨナラ2点適時打を浴び、がっくり引き揚げるスコット(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 昨季からの課題がそのまま出た。広島は、勝ちパターンの継投が最後に暗転し、ルーキー森下のプロ初星どころか、痛恨の逆転サヨナラ負け。佐々岡監督は「継投は僕が決めること。勝ち切ろうと最善を尽くしたんだけどね…」と厳しい表情で責任を背負った。

 1―0の息詰まる展開。8回に2番手として登板した菊池保は首脳陣の期待に応えた。先頭の代打中井に左前打を許したものの、梶谷を右飛に仕留めると、乙坂は注文通りの二ゴロ併殺。「森下が頑張っていたので絶対に抑えようと思った」と汗を拭った。

 ところが…だ。抑えに指名された新外国人スコットが9回に炎上してしまう。先頭のソトに右翼フェンスを直撃されると、佐野、ロペスにも立て続けに右前打。無死満塁のピンチを招き、最後は宮崎に外角高め直球を右中間へ運ばれた。

 「1点差で難しい試合。スコットはまだ2試合目(の登板)だからね。今後もしっかり(抑えを)やってもらわないといけない」

 2試合連続失点のスコットに、指揮官は変わらぬ信頼を寄せる。昨季V逸の主要因で、監督就任会見で最重要課題に挙げた終盤の投手強化。悩みはまだ解消されそうにない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース