オリックス・由伸 8回零封10K!新ユニお披露目チーム初勝利導いた

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   オリックス4―0楽天 ( 2020年6月21日    京セラD )

<オ・楽>オリックス・先発の山本(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 これぞエースの投球だった。今季からエースナンバー「18」を新たに背負うオリックス・山本が最速155キロの速球にキレのいい変化球を交え楽天打線を圧倒。8回を投げ散発3安打無失点。10三振を奪い無四球という圧巻の内容で開幕からの連敗を2で止めた。

 「オープン戦は少し失点するシーンもあったので、より慎重に入って最高の立ち上がりができたのが良かった」

 初回、先頭の茂木に対し3球全て速球で空振り三振を奪うと、続く鈴木大は高速フォークで空振り三振。ブラッシュには速球3球勝負で見逃し三振を奪う最高の立ち上がりで流れを呼んだ。

 「(真っすぐは)ずっと練習してきて今日もかなり手応えがあったので若月さんも自信を持って(サインを)出してくれた」

 球団初となるストライプ柄のサードユニホームお披露目となったこの日の一戦。背負った「18」には思い入れがある。プロの世界に導いてくれた山口和男スカウト、1年目から助言をくれた酒井勉育成コーチ、現役時代から慕う岸田護2軍投手コーチから受け継いだエース番号。「尊敬する先輩が背負ってきたこの番号を、もっと価値ある番号にしたい」と話すだけに開幕3連敗は許されなかった。

 今季12球団一番乗りでの完封も視野に入ったが8回94球で降板。「7回が終わった時、(首脳陣と)あと1イニングかなという話で。完封できることが一番だと思うんですけど、まだまだシーズン始まりなので」。舞台裏を明かし自身も納得の交代だった。

 「これからもチーム一丸となって白星を積み重ねて上位に、首位に立てるように全員で向かって行けたらなと思います」。山岡と並ぶダブルエースが力強く反攻を誓った。(田中 貴久)

 ▼オリックス・西村監督(山本について)素晴らしいピッチング。今季初勝利をつかむ意気込みをしっかり出してくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース