ソフトB 敗戦も“収穫”あり 松田宣が今季初安打「一本出てくれて良かった」

[ 2020年6月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―5ロッテ ( 2020年6月21日    ペイペイD )

<ソ・ロ>2回2死二塁、中前適時打を放つ松田宣(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 打線がつながりを欠いたソフトバンクだが、収穫は熱男に待望の今季初安打が出たことだ。松田宣が2回2死二塁の第1打席で先発・美馬の外高め直球に、バットを短く持って腕をたたむと中前へ転がる適時打となった。開幕から8打席無安打で、この日は打順も6番から8番に落ちたが「何とか食らい付いて打ちました。先制された後、すぐに1点を還せたし一本出てくれて良かった」。父の日にお待たせの一打が生まれ、三塁守備では、いつもにも増して声を張り上げた。

 上林が背中の張りで2試合連続欠場中。代わりにこの日、1番に入った栗原も好調をキープ。「1番・一塁」で出場し、初回に美馬の初球を右中間二塁打、4回2死でもライナーで右前打を放った。「初めての1番でしたが、いつもと変わらず打席に入れた。どの打順でも自分のできることをやるだけだと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース