阪神ドラ6「一平ちゃん」やり返した!ホロ苦デビューから一転、主軸斬り

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―7巨人 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>7回に登板して1イニングを無失点に抑えた小川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 一日でやり返した。阪神のドラフト6位・小川が巨人戦で6点ビハインドの7回に登板し4番岡本からの主軸3人を4分程度で、しっかりと封じた。

 「昨日(20日)は緊張もありボールが先行してしまい、自分自身で苦しい状況を作ってしまいました。今日は切り替えて思い切って投げることを意識した結果が、自分の思い描いているボールを投げることにつながりました」

 20日のプロ初登板では1回もたず2/3を投げ5失点(自責1)。ホロ苦いデビュー戦となった。この日は、自身の最大の魅力といえる速球を初球から9球続けて投げ込む、攻めの投球を披露。前日の対戦で適時打を浴び、この日も本塁打を含む3安打と当たっていた岡本を三ゴロに打ち取ると、中島は右飛、陽岱鋼ヨウダイカンを中飛。いずれも結果球は力強い真っすぐだった。

 「いいカウントで投げることができたので抑えることができたと思います」

 初登板の悔しさを即座に晴らし、「一平ちゃん」がまた一歩、階段を上がった。(阪井 日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース