ヤクルト完敗も収穫はドラ4・大西 球団新人最速デビューで無失点「抑えることができて良かった」

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0-3中日 ( 2020年6月21日    神宮 )

ヤクルトの大西
Photo By スポニチ

 ヤクルトは今季初の零敗を喫し、開幕カード勝ち越しはならなかった。開幕から2試合で25安打13得点を挙げていた打線が、わずか4安打に抑えられ高津監督は「(先発の梅津に)良い投球をされた。直球に力があるし低めに集まっていた」と脱帽した。

 収穫はドラフト4位右腕の大西だ。8回に球団の新人では最速デビュー。2安打を許しながら1回を無失点で切り抜け「凄く緊張した。少し制球が乱れたが、抑えることができて良かった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース