日本ハム・中田が秘める“思い”…昨年「野球の日」に誕生の長男に勇姿見せるその日まで

[ 2020年6月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム12-2西武 ( 2020年6月21日    メットライフD )

<西・日>2回無死、先制ソロを放つ日本ハム・中田(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 【Hero's File】昨年8月9日、「野球の日」に中田家にとって第3子で長男となる力翔くんが誕生した。昨季にヒーローインタビューを受けた際にファンに報告して盛り上げる計画だったが、その後は右手母指球部挫傷で戦線を離脱。復帰後は打撃不振もあって最後までお立ち台での報告はかなわなかった。

 名前は自身の名前である「翔」からも一字取って「力強く育ってほしい」との願いが込められており「中田2世」の期待もかかる。まだ10カ月。物心つくまで自身が現役でプレーしている姿を見せたいという思いを秘め「どこまで現役でやれるかは分からないけど、そういう気持ちはある」と明かす。貫禄たっぷりにダイヤモンドを一周するパパの背中は、最高に輝いていた。(日本ハム担当・東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース