日本ハム・杉浦 「必死に」粘った4回零封 開幕カード勝ち越し貢献

[ 2020年6月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム12-2西武 ( 2020年6月21日    メットライフD )

<西・日>先発で4回無失点の日本ハム・杉浦(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 2児の父でもある日本ハム・先発の杉浦は4回で毎回の5四球、4安打も粘りの投球で無失点。96球で降板して勝敗こそつかなかったが「どんな抑え方でもいいから勝ちを消さないよう必死に一球一球、投げた」と語った。

 2回は2死満塁からスパンジェンバーグに右翼へ大飛球を打たれたがフェンス手前の右飛。4回は無死満塁で金子を遊飛、スパンジェンバーグを見逃し三振、源田をフォークで空振り三振に抑えた。

 元「モーニング娘。」でテレビ東京アナウンサーだったあさ美夫人と2人の子供からは開幕前に電話で「いよいよ開幕するね」などと激励を受けた。ヤクルト時代の15年以来の開幕ローテーション入りした右腕が開幕カード勝ち越しに大きく貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース