西武・与座 「特別な思いあった」プロ初登板初先発で6回3失点、初黒星も手応え

[ 2020年6月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2-12日本ハム ( 2020年6月21日    メットライフD )

<西・日3>4回、大田(左)にソロ本塁打を浴びて肩を落とす与座(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 次につながる力投だった。3年目サブマリンの西武・与座がプロ初登板初先発で6回5安打3失点。打線の援護なく初黒星も「特別な思いがあったので登板できてよかった」と手応えをにじませた。

 2回に中田、4回に大田に中越えソロを浴びたが最速130キロの直球に多彩な変化球で5奪三振。打線が2、4回の満塁機を逃すなどゼロ行進を続ける中で力投したが「うまく緩急も使えたが、やっぱり甘くない世界」と反省も忘れなかった。

 1年目の18年オフに右肘のトミー・ジョン手術を受け、翌19年は育成契約となった苦労人。本拠地の開幕カードで手痛いカード負け越しとなった辻監督も、与座については「よく投げた。次につながる」と高く評価した。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース