巨人・パーラ 2戦連発にナイン総立ちシャークダンス!大当たり開幕3連戦で9打数5安打6打点

[ 2020年6月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―1阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

<巨・神>5回、守屋(左)から2戦連発となる2ランを放つパーラ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人パーラが2戦連発となる2号2ランを右翼席中段に運んだ。4点リードの5回2死一塁から守屋の直球を捉え「コンパクトにミートすることだけを心掛けた」。ベンチでは原監督やナインが総立ちでシャークダンス。打席に入る際は日本のファンが踊る映像がオーロラビジョンに流されている。

 一挙5点を奪って逆転した4回は、ガルシアから中前適時打。中堅から本塁への送球間に二塁を狙い、ヘッドスライディングで到達した。原監督は「アグレッシブさが凄くいい。ボールへの集中力にしても、どんな野球にも対応力がある」と評価する。開幕3連戦は「7番」で出場し、9打数5安打6打点と大暴れ。「しっかり引きつけてセンター返しを」と心掛けている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月22日のニュース