横浜高新監督候補、村田浩明氏に一本化 楽天・涌井と同期、捕手でセンバツ準V

[ 2020年3月11日 05:30 ]

白山監督時代の村田浩明氏
Photo By スポニチ

 横浜野球部の新監督に、白山野球部監督の村田浩明氏(33)が候補として一本化されたことが10日分かった。早ければ4月上旬から指揮を執る。

 村田氏は横浜で捕手として活躍。涌井(現楽天)と同期で2年時の03年春にバッテリーを組んでセンバツ準優勝を果たした。3年時は主将で夏の甲子園8強。日体大卒業後、神奈川県教員採用試験をパスし、13年秋、白山の監督に就任した。18年夏に北神奈川大会で8強。激戦区で公立ながら健闘した手腕が高く評価されていた。

 横浜は昨秋、当時の平田徹監督と金子雅部長が部員へ暴言や暴力があったとして、解任されていた。現在は高山大輝コーチが監督代行として指揮し、4月以降に後任監督の人選を進めていくとしていた。横浜高は「3月いっぱいは新体制に関してのコメントは出さない」としている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース